【セブ島夜遊び治安情報】タクシーは大丈夫?安全にタクシーを利用する方法

フィリピン セブ島の夜遊びで意外に気になるのが、「治安」ですよね...

フィリピンはまだまだ発展途上国というイメージが強いと思いますが、実際にその通りです。治安がいいとはいえませんね、、

ただセブ島の治安は悪いと言っても殺害や暴力沙汰はほとんどなく、金銭やスリ関係の犯罪が多く見受けられます。

その代表的な事例が、タクシーでのトラブルです。

でも、安全のためにタクシーを使いなさいって言われたよ...

確かに、タクシーは一番安全な交通手段の一つではあります。しかし、一番安全な交通手段であっても油断できないのがセブ島です。

今回はより安全な夜遊びのために、少しシリアスなお話です。フィリピン セブ島のタクシーでのトラブルや防止策を話していきます。

 

タクシーの種類

まずは簡単に、セブ島でのタクシーの乗り方を説明します。

セブのタクシーには大きく分けて2種類のタクシーがあり、白タクシーと黄色タクシーです。

白色のタクシーは街中でよく見かけるタクシーで、一般的なタクシーです。初乗りは40ペソで、距離と時間に応じてメーターが上がっていきます。

セブにタクシー会社はたくさんありますが、車のデザインはどれも一緒で白色の車体に会社名と車体番号が書いてあります。もしもの時にはこの会社名と車体番号が役に立ちますので、心配な方はメモをしてください。

 

一方黄色のタクシーは、空港と契約しているエアポートタクシーです。空港と市街地を往復しています。

しかし初乗りが80ペソと高く、メーターの上がるスピードも速いです。

 

料金のこともありますので基本的には、白色のタクシーを使うようにしてください。白色のタクシーでも市街地から空港まで、基本的にどこへでも行くことができますよ!

 

タクシーでのトラブル事例

タクシーのトラブルといっても様々ですが、ここでは日本人観光客に多いトラブルを中心に紹介していきます。

タクシーで目的地にたどり着けない

日本では住所を伝えるだけで運転手さんが確実に目的地まで連れていってくれますが、セブ島は違います。

タクシーの運転手さんは専門の訓練も受けていない、ただの車の運転手です。なので全ての道を把握していません。

つまり、迷います。

もっぱら夜遊びとなると、KTVなどの風俗店をフィリピン人ドライバーが日常的に使うものではないので、ほぼ把握していません。

百歩譲って目的地の場所がわからないのはいいとしても、タクシーにはナビがついておらず道を調べることができません。

さらに運転手は地図アプリを使うこともできません。スマートフォンを持っていない場合も多く、持っていたとしても通信契約を指定なので基本的には使えません。

もちろんアヤラモールや有名ホテルなど、一般に浸透している施設は運転手さんも把握しており、すんなりと向かうことができます。

それ以外の風俗店やあまり知られていない観光名所、小さなホテルなどへ向かう際は、乗客がある程度場所を把握していなければならないのです。

しかし、観光客の方などセブに慣れていない方[/color]はもちろん詳しい場所はわからず、迷ってたどり着けないというトラブルに発展してしまいます。

 

タクシーでの忘れ物

タクシーに貴重品を忘れてしまったというトラブルが後を絶ちません。

特にお酒を飲んでいる場合や、お友達との会話に夢中になっている時など、ふとした時にタクシーの中に忘れ物をしてしまう方が多くいます。

日本だとタクシーに忘れ物をしても戻ってきますが、セブ島ではほとんど返ってくることはありません。

単に忘れた人を特定することができないのもそうですが、運転手がお金のために売り飛ばしてしまうことが多いです。

 

タクシーでのぼったくり

セブ島のタクシーでは外国人を狙ったぼったくりの被害がまだまだあります。

セブ島のタクシーでは法的に、乗客はメーター以上の金額を払う必要はないと定められています。ですが、運転手は何かと理由をつけてメーター以上の金額を請求しようとしてきます。

つまり、ぼったくりです。

「渋滞しているから○○ペソプラスね」
「遠いから○○ペソプラスね」
「夜遅いから○○ペソプラスね」

このようなめちゃくちゃな理由で、ぼったくりをしようとします。

もちろん全てのドライバーがそうとは限りませんが、観光客の方などセブに慣れていない方はこうしたぼったくりトラブルの遭遇率が高くなります。

他のもわざとメーターのスイッチをオンにせず走行し、停車時に高額な請求をしてくるドライバーや脅しのような態度で高額請求をしてくるドライバーなど、その手口は多数です。

ぼったくりの金額は日本人にしてみればそこまで高額ではありませんが、ぼったくりから発展したトラブル等も多々あるので注意が必要です。

 

なぜ、セブ島のタクシーはぼったくりをするのか。

こうしたタクシーでの犯罪行為の背景には、セブの経済事情とタクシーの運用体系が起因しています。

フィリピン人の平均月収は月2万円〜3万円ほどで、貯蓄もあまりしていません。なのでお金が無いのです。

しかも外国人観光客はお金持ちというイメージが定着しており、特に日本人は優しくて温厚というイメージも加わって、ぼったくりをしようと試みるのです。

さらに、タクシーの運用実態も一つの原因です。タクシー運転手は会社の被雇用者というわけでわなく、自らタクシーを日割りでレンタルして運用しています。

つまり、フランチャイズです。

1日750ペソほどでレンタルし、レンタル代とガソリン代を抜いたお金がドライバーの利益になります。もちろん完璧な会社員として運営されている会社もありますが、フランチャイズでタクシーを借り、運転しているドライバーも少なくありません。

そのためドライバーはその日の利益を少しでも確保しようと、狙いやすい観光客をぼったくりの対象にしてしまいます。残念なことですが..

ドライバーもその日の収入のために、利益を確保しなければならないのはわかりますが、こういった雇用体系が改善されることを望むのみです..

 

トラブルを防ぐタクシーの利用方法

タクシーでのぼったくり等のトラブルを防ぐために、管理人がいつも行なっている方法をシェアします!

まずは乗車時!
乗車したら必ず一言「Kuya(クヤ)」もしくは「Boss(ボス)」と運転手さんに話しかけます。

これは現地語のビサヤ語で、「Kuya(クヤ)」は年上の人を呼ぶ言葉、「Boss(ボス)」はその辺の男性を物を頼む時や訪ねる際に呼ぶ言葉です。年齢に応じて使い分けています。

あえてビサヤ語をチラつかせることで観光客イメージを払拭させ、セブに慣れていると思わせます。そうすることで、運転手もおとなしくなります。

 

次に、必ずメーターをオンにしたか確認します。
日本と同様にスイッチを押せば動き出しますので、のちのトラブルを防ぐためにもし押していなかったらメーターを押すよう頼みます。

乗車中は必ず、ドアの鍵をロックします。ストリートチルドレンなどの盗難を避けるためです。

また、あらかじめ調べておいたマップ等を準備しておき、運転手が迷う場合は説明するのも時には必要です。

 

降車時は必ずメーター通りに支払います。
もし過剰請求をされた場合は、毅然とした態度で理由を尋ねます。大抵の運転手はこの時点で諦めますが、しつこい運転手もいます。その場合は提示額を支払ってしまうのがオススメです。

ぼったくりは少額ですが、断り続けた後のトラブルの方が深刻な場合が多いです。

 

タクシーを降りる時に、全ての貴重品があるか、忘れ物がないか確認します。一度タクシーが離れてしまったら、もう二度と戻ってきません。

 

セブ島でタクシーを利用する際は、最大限注意を払って行動してください。ただ、自分の体が最優先という原則を忘れずに...

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事